猪俣 猛 TAKESHI INOMATA

16歳でデビューし、20歳で上京。21歳でスイングジャーナル誌の新人賞に輝き、「渡辺晋とシックス・ジョーズ」を経て、名門「西條孝之介とウエストライナーズ」に参加し、後にリーダーとなって名声を轟かせる。前田憲男、荒川康男とのコンビもこの時期に生まれ、名実ともに日本を代表するトリオとして現在に至る。

教育面での活動も盛んで、1976年にはドラムを通じて音楽の素晴らしさを教える「リズム・クリニック・センター(RCC)」を設立。
1991年、音楽生活40周年を迎え、Bunkamuraオーチャードホールを皮切りに全国縦断コンサートを行う。常に豊富なアイディアの持ち主であり、バイタリティあふれる企画の数々も好評を得ている。

1994年、「Thanks to America」と題し、「Japan Just Jazz All stars」を率いてニューヨーク公演を行い、カーネギーホール、アポロシアターなどで大喝采を浴び、日本のジャズを高く評価された。わが国のモダンジャズドラマーの先駆者として、また、吹奏楽をはじめとするアマチュア音楽教育の面で、輝かしいキャリアの持ち主であり、国内外で注目を集めている。

1995年度、スイングジャーナル社より、ジャズ界で個人に与える最高の栄誉「南里文雄賞」を受賞する。
1997年、21世紀へ向けてシンフォニック・ジャズ・オーケストラを結成し、Bunkamura オーチャードホールにおいてコンサートを行った。
1997年より、客船 飛鳥ワールドクルーズに猪俣猛カルテットで連続乗船。
1996年より、前田憲男氏を音楽監督に「THE KING」を結成。浜離宮朝日ホールに於いて「キング・オブ・ジャズ−21世紀へ贈る」と題し、全20回シリーズで行う。貴重なジャズ史を記録、幅広い層から高い評価を得た。2000年、朝日新聞社主催による猪俣猛音楽生活50周年記念コンサート「リズム&ジャズ」が行われた。
2001年〜2004年には、銀座王子ホールに於いて、前田憲男(p)、荒川康男(b)とのシリーズコンサート「Golden Trio WE3」を行なう。
2005年には音楽生活55周年を迎え、は朝日新聞社主催の「アルがままにイノままに」を開催。2009年7月、サントリーホールに於いて「猪俣猛60周年コンサート〜I LOVE MUSIC」を開催。2010年より、成城ホールにてジャズフェスティバル「JAZZ in SEIJO」をプロデュース。2011年より、流山ジャズフェスティバル「JAZZ IN NAGAREYAMA」の総合プロデューサーを務める。2012年、国分寺市立いずみホールにて東日本大震災復興支援コンサート「Sing Swing Sing」が開催された。

(株)アール・シー・シー代表取締役、NHK文化センター『猪俣猛ドラム教室』監修、ヤマハ専属モニター、ジルジャン契約モニター・ヴィックファース契約モニターを務める。
著書「カーネギーへの道」を出版(1996年)